Press "Enter" to skip to content

私立大学9割がコロナ禍の学生に経済支援実施

奨学金に関する調査内でコロナ禍の大学の現況を調査

昨年、私立大学のほとんどが、コロナ禍における学生に対して何らかの経済支援を行っていたことが、一般社団法人日本私立大学連盟(東京都千代田)による調査(「令和2年度 奨学金等分科会報告書」)から明らかとなった。毎年行われている奨学金等に関する調査だが、令和2年度はコロナ禍における大学の現状についても調査された。

調査結果は3種類で集計。1つは、対象大学(125大学)すべてを一律に集計した「全体集計」。もう1つは、加盟大学を学部学生数別に3つのグループに分類して集計した「グループ別集計」。3つ目は、新型コロナウイルスの拡大レベルにあわせて都道府県を3つの区域に分けた集計だ。

3つの集計の詳細

①全 体 集 計…調査に参加した日本全国の大学を結果を集約
(加盟大学125校)


② グループ集計…加盟大学を学部学生数別に3つのグループに分類
グループ1(学部学生数1万人以上:29校)
グループ2(学部学生数4000人以上1万人未満:41校)
グループ3(学部学生4000人未満:55校)


③ 新型コロナウィルス拡大レベルに応じた集計 ※Aが最も高い
A区域:東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
B区域:大阪府・兵庫県・愛知県・福岡県
C区域:その他道府県

昨年春学期は日本全国ほとんどの大学がオンライン授業

まずは、昨年のコロナ禍における講義の状況をみていこう。

昨年の春学期(4~6月)講義実施方式は125校中95校(76%)が「ほぼオンライン」と回答。「ほぼ対面」はわずか1校(0.8%)で、「対面とオンライン併用」等を含めると、ほぼすべての大学がオンラインで講義を実施していた。

大学の数的規模別にみると、第3グループで「対面とオンライン併用で実施」(29%)の割合が高い。大学所在区域別にみると、A区域で「ほぼオンラインで実施」(82%)の割合が高い。


数的規模が大きい大学ほど、オンライン環境整備を支援

そうしたなか、遠隔講義を受ける環境を整えるために学生を支援した大学は111校(88.8%)。講義をほぼオンラインで実施した大学95校のうちでは、89校(93.7%)が何らかの支援を実施していた。

大学の数的規模別にみると、規模が大きいほど支援を行う割合が高い傾向にあった。大学の所在区域別にみると、B区域の支援実施率は100%であった。

支援内容は「オンライン環境整備」「給付金・支援金(一律)」

具体的な支援内容としては、「オンライン環境整備(PC、ルーター等の貸与・支給)が83校(73.5%)ともっとも多く、ついで「給付金・支援金(一律)」が41校(36.3%)だった。

大学の数的規模別にみても、どのグループも「オンライン環境整備(PC、ルーター等の貸与・支給) 」「給付金・支援金(一律)」の順で支援の割合が多い。規模が一番小さい第3グループでは「給付金・支援金(一律)」の割合が低い傾向にあった。

明日も報告書の続きを見ていこう。

(取材・文/大友康子)

出典:一般社団法人日本私立大学連盟刊行「令和2年度奨学金等分科会報告書」