Press "Enter" to skip to content

帰国前に知っておきたい生活情報(間取りのヒント編)

家づくりのプロがおすすめする、家事がラクになる間取りのアイデア

家事がラクにできる間取りは、快適に暮らすうえでの大きなポイント。帰国後は新生活の準備などで忙しくなるので、今のうちから考えておきたいものです。どうすれば家事ラクを実現できるのか、女性目線での家づくりを得意とするハウスメーカーにお話を伺いました。

お話を伺った方:三井ホーム株式会社 商品開発部 商品開発グループ 相原治氏

アイデア1:極力短くした洗濯動線とキッチンのパントリーで家事ラクに!

家事をするときに人が動く経路を「家事動線」といい、動きやすいほど家事が効率的よく進む。特にポイントとなるのが、ランドリーとキッチンです。

「ランドリーで洗い、主寝室のクロゼットを通って、バルコニーで干すというように、洗濯の家事動線を短くした間取りを提案しています。干すのもラクですし、取り込んだ洗濯物をクロゼットに置いたり、そこでアイロンをかけることもできるので便利です。」(相原氏)

キッチンは、ダイニングから見えるタイプがおすすめです。

「こうすると、家族が料理や食器の片付けを手伝いやすくなります。」(相原氏)
「こうすると、家族が料理や食器の片付けを手伝いやすくなります。」

アイデア2:専用の「奥様コーナー」で、リフレッシュ&エネルギーチャージ!

一歩踏み込んだ家事ラクアイデアが「奥様コーナー」だ。

「リビングの一部など家族が見える場所に、主婦専用スペースを設けることで、学校の書類を書いたりといったデスクワークから読書や手芸などの趣味まで、作業がしやすくなります。インテリアもお好みで。スペースの広さは重要ではなく『自分だけの場所がある』ことが、リフレッシュにもつながります。

当社では、あえてリビングの南側という良い場所に奥様コーナーを設置することで、エネルギーを蓄えられるような空間にしています。」(相原氏)

また、帰国後に自宅で料理などの教室を開きたい人は、玄関から直に通じるサロンを設けるのもおすすめだそうです。
玄関から直に通じるサロンを設けるのもおすすめだそうです。

間取り、設備、素材を吟味して家事をラクに!

家事ラクな間取りのポイントとして『三井ホーム株式会社』で商品開発に携わる相原治氏が挙げてくれたのが「家事動線」と「奥様コーナー」だ。さらに、新築する機会だからこそ取り入れたい設備として「全館空調」を挙げる。

「全館空調を装備すると家の中での寒暖差がなく、常時空気が循環するのでとても快適です。洗濯物を室内干ししても乾きやすく、ホコリも床に落ちにくくなるので掃除もラク。各部屋の戸を開けたままにできるので、ロボット掃除機も使いやすいです。当社の建物は断熱性がとても高いので、電気代も各部屋でエアコンをつけているよりも安く済みます」と相原氏。

電気代は家の広さにもよるが、月平均8千円程度が一般的だとか。

「共働きや高齢化を考えて、バスルームはカビのつきにくい素材を選ぶなど、メンテナンスのしやすさも重要です。」(相原氏)

間取りだけでなく、設備や素材まで総合的に考えることが大切です。

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.