Press "Enter" to skip to content

The American School in Japan

The American School in Japan

アメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)は1902年創立以来、思いやりの心、探究心、国際的な責任感を有する生徒を育成しています。

日本にあるインターナショナルスクールの中でも幼稚園年少から12年生(高校3年生)までの一貫教育を行う最高峰の学校として、独自のシステムで教育使命を全うしてまいりました。

充実したキャンパスライフ

5.8平方メーターに及ぶ広大な調布キャンパスには、400名の観客が着席可能な劇場、カフェテリア、6面のテニスコート、屋内プール、2つのグラウンド、幼稚園児、小学生それぞれのプレイグラウンドと小中高各校それぞれの体育館、レスリングルーム、ダンススタジオなど充実した施設が完備されています。

全学年では100以上、高校では50以上に及ぶ文科系/体育会系のクラブ活動が充実している点においても他校に勝ると言えるでしょう。また国内外のインターナショナルスクールとの交流もあり、多くの国際大会で毎シーズン優秀な成績を修めています。

在校生について

世界各国で多様なバックグラウンドをお持ちのお子さんを受け入れる環境が整っています。過去2年間、17カ国からの帰国生がASIJに入学しました。帰国生をはじめとする日本人のほかに40カ国以上の国籍を持つ約1400名の生徒が在籍し、生徒の多様性は当校の特色でもあります。

教員について

当校の教員の65%は学士号より上の学位を持っており、在任中も国内外のインターナショナルスクールの会議などでリーダーシップを取り、教員として常に向上心を持って生徒の指導にあたっています。また当校にはNational Association of Independent SchoolsよりNational Distinguished Principal賞を授与された教職員が2名いるほか、現学長のLaddは2009年にInternational Head of the Yearの名誉に選ばれました。

学力とカリキュラム

生徒の学力の目安となるSAT、MAP、AP、ACTにおいてアメリカの大学進学希望者よりはるかに高い平均点を修めています。

日本のインターナショナルスクールの中ではトップクラスを保ち、海外でだけではなく、日本の難関大学進学にも十分対応しうる学力が身に付きます。帰国後もアメリカ式の教育を継続し日本にいながらにして卒業後の進路を海外もしくは日本の一流大学に進学を目指すことができます。

50レベル以上に分かれている日本語の授業は、日本語を母国語としている生徒と第二外国語として学ぶ生徒を分け、日本人として日本語をしっかりと身につけることに力を入れています。また日本文化の理解を深めるために学校行事として様々な活動があります。

その中でも人間国宝の指導のもとで毎年開催する狂言の舞台は大勢の父兄の方から賞賛されています。第三外国語として、中国語、スペイン語などの選択肢があります。学習方法は教科内にとどまらず、ロボット工学などの最先端の科学技術や、科学を法医学的なアプローチで学ぶなど、生徒の創造性と探究心を積極的に高める取り組みをしています。

ASIJは日本で唯一Global Online Academyの会員です。会員となっている私立学校は、オバマ大統領が卒業したことでも知られているPunahou Schoolなど、名門校の授業をオンラインで受講することができ、生徒たちにより広い分野で学ぶ機会を提供しサポートしています。

英語イマージョン・プログラム

英語を母国語としないお子さんがPre-Kから入園できるプログラムです。入園後、他の園児とともに過ごしながら、担当教員と言語聴覚士との連携による英語力強化により重点を置いた指導を受けます。1年生に進学するころにはネイティブレベルの英語力が備わっているのを目標にしておりますが、必要に応じて引き続き言語聴覚士によるサポートを受けられます。

生徒の将来

ASIJの生徒の学力の高さは世界中の大学から認められ、その多くがハーバード大学、MIT、エール大学などの名門校に進学し、卒業後、国内外の一流企業で活躍しています。本校の卒業生としてソニー最高経営責任者の平井一夫氏、マサチューセッツ工科大学メディアセンター長の伊藤穰一氏などの名があげられます。

奨学金制度

ASIJ入学希望者で学ぶ意欲と能力がありながら帰国後経済的理由により入学を断念することのないよう、学費の一部を軽減する奨学金制度を設けています。選考は当校の入学基準を満たした上、お子さんの学力と経済的要件に合致する生徒を対象としています。

9年生の保護者の声

ASIJを選んだ理由はレベルの高さといろんな国籍の生徒が在籍していることです。以前通っていた学校でも、多くの国籍の生徒が在籍していて、息子はいろんなお友達がいましたので、多様性が大切な要素だと思いました。

主な大学進学実績

アメリカ

Boston College
Boston University
carnegie mellon university
columbia university
cornell university
Dartmouth College
Drew University
Georgetown University
Harvard University
Johns Hopkins University
University of Massachusetts
University of Michigan
University of Chicago
Oberlin College
Michigan State University
Massachusetts Institute of Technology
New York University
University of Notre Dame
Northern University
Northwest University
University of Pennsylvania
Pepperdine University
Purdue University
Princeton University
Rhode Island School of Design
Tufts University
Rice University
St. Olaf College
Stanford University
UCLA
Vassar College
Wesleyan University
Wellesley College
Yale University

カナダ

University of British Columbia
Carleton University
University of Calgary
Dalhousie University
McGill University
University of ottawa
Queen’s University
university of toronto
University of Victoria
York University

イギリス

Cambridge University
Central Saint Martins College of Art and Design
Durham University
University of Edinburgh
Imperial College
King’s College London
London school of Economics
School of Oriental and African Studies
University of St Andrews
University College London
University of Warwick
University of York

その他

Australian National University
University of Melbourne
University Paris Diderot
National University of Singapore
University of Sydney

The American School in Japan(アメリカンスクール・イン・ジャパン)
六本木キャンパス
〒106-0032東京都港区六本木6-16-5
調布キャンパス〒
182-0031東京都調布市野水1-1-1
http://www.asij.ac.jp/

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.