Press "Enter" to skip to content

【教育の準備2】帰国生入試で大学に入るには②

【教育の準備】帰国生入試で大学に入るには

スケジュール

複雑・長期化しやすいため日程調整はとても大切

大学(学部・学科)の帰国生入試は、下記の「帰国生の大学入試日程」の表から、かなり複雑なものであることが分かる。

また、国公立を第一志望にして私立を併願する場合や、帰国生入試以外にも一般入試を視野に入れる場合、AO入試や(自己)推薦入試なども合わせてチャレンジする場合のことなどを考えると、よりいっそう複雑化した日程で、入試が長期間にわたることも覚悟しておかなくてはならない。

“帰国”という大きな作業も絡みうる帰国生入試では「いつの段階で何を準備すればよいのか」といった綿密なスケジューリングが非常に重要になってくる。

外国の教育制度に沿った日程で受けられる試験も

帰国生入試は、4月に入学するためのものがほとんどだが、なかには秋季(多くは9月)に入学する制度を採用している大学(学部・学科)もある。

これは、3月ではなく6月に卒業することの多い英語圏の現地校やインターナショナルスクールに通う帰国生にとって活用しやすいものかもしれない。

しかし「現地の学校を卒業する頃に日本の大学の試験に合格し、現地の学校を卒業した2〜3カ月後に日本の大学に入学する」という秋季入学で進学するケースはあまり多くない。

また、4月入学を基本としている大学(学部・学科)に秋季のタイミングで入学する場合は、4月入学の者より半年早く入学するぶん、卒業がそのまま半年早まる。

しかし、日本での就職時期は4月入学者と変わらない。

こうしたこともあってか、秋季入学用の入試で合格した場合でも、それをキープして、4月入学用の入試を受ける人もいる。

帰国生の大学入試日程

帰国生の大学入試日程

※上記日程はピーク時を中心に表示しました。入試の多様化に伴い、上記日程にあてはまらないものもあるため、必ず各大学のウェブサイトや募集要項でご確認ください

スケジュールの実例

CASE1  インターナショナルスクール(ガーナ)→国立大学入学(4月)

両親に帰国の予定はないなか、高校を卒業後すぐに本帰国。翌月から予備校へ通った。

赴任直後 情報収集開始
4月 本帰国決定
7月 本帰国(本人のみ、18歳)
11〜3月 帰国生入試受験(書類・小論文・面接)
合格
4月 国立大学への通学開始(19歳※大1~)

CASE2  現地校(アメリカ)→ 私立大学入学(4月)

5月に現地の高校を卒業して翌月の6月に本帰国し、すぐに予備校へ通った。

赴任直後 情報収集開始
5月 本帰国決定
6月 本帰国(母、18歳)
9月 帰国生入試受験(AO)
合格
4月 私立大学への通学開始(19歳※大1~)、本帰国(父)

CASE3  現地校(イギリス)→ 現地大学・ギャップイヤー中(イギリス)→ 私立大学編入学(9月)

イギリスの大学に合格していたが、ギャップイヤー中に日本の大学進学を決意した。

6月 現地校卒業、ギャップイヤー開始
7月 本帰国決意、情報収集開始
8月 帰国生入試受験(書類、TV電話面接)※イギリスにて
合格
同8月 本帰国(本人のみ、19歳)
9月 私立大学への通学開始(19歳※大1~)

CASE4  現地校(アメリカ)→ 現地大学(アメリカ)→ 私立大学編入学(9月)

現地大学1年次に本帰国決意、現地で受験した。9月に入学し、3年半後の3月に卒業。

7月 本帰国決定、情報収集開始
9月初旬 帰国生入試受験(英語)※アメリカにて
合格
9月下旬 本帰国(父母共、20歳)※大3の姉はアメリカ生活継続
同9月 私立大学への通学開始(20歳※大1~)
Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.