Press "Enter" to skip to content

【教育の準備2】帰国生入試で大学に入るには①

日本全国にある大学の約半数で実施されている帰国生入試ですが、人気の大学(学部・学科)は集中する傾向にあります。そのため、海外滞在中からの十分な知識習得と試験対策は必須です。

基礎知識

条件

出願資格は、大学(学部・学科)によってさまざまだ。

①海外での学校種別

対象は、「海外で外国の学校教育を受けた者」で、「日本の教育制度の高校に通った者」を含まないケースが多い。

②海外の学校での在籍期間

多いのは、学校教育課程12ヵ年のうち、「海外の高校に最終学年を含めて2年以上継続して在籍している」こと。

③帰国後の日本の高校在籍

海外の高校卒業を条件とする大学(学部・学科)が多い中、帰国後の日本の高校在籍・卒業が年数制限付きで認められる場合もある。

④高校卒業後の経過年数

当該年度の卒業(または卒業見込み)者限定と、過年度(2年以内)の卒業者に受験を認める場合とがある。

⑤飛び級・繰り上げ卒業

学校教育課程の12年未満での卒業は、認められることが多い(証明書が必要)。ただし、入学時18歳を要件とすることがある。

⑥単身残留

保護者赴任が出願資格とされる場合でも、保護者が帰国した後、単身で在留した者の受験が認められることがある。

選考方法

課される選考は、志望する系統で分けると以下のよう大別される。

系統別、帰国生入試の一般的な組み合わせ

文系学部・学科…書類審査、筆記試験《小論文、国語、外国語(主に英語)》、面接

理数系学部・学科…書類審査、筆記試験《小論文、外国語(主に英語)、数学、理科(物理・化学・生物・地学から1~2科目を選択)》、面接(学科面接を含む)

※近年の傾向として、外国語は筆記試験の場合、英語を指定することが多くなり、筆記を廃止し、外部試験(多くはTOEFL®)のスコア提出に置き換えられる例が増えている

これをふまえ、合否の評価を下すときに、どれをどの程度重視するかは、以下の3つに大別される。

合否の判断基準代表的な3パターン

①書類審査重視型

重視される出願書類は、「各国の教育制度に基づく統一試験(※1)のスコア」「海外で在籍した学校での成績や活動歴」「語学運用能力試験(※2)のスコア」が代表例だ。こうした大学(学部・学科)では、統一試験のスコア提出ひとつとっても、科目、その提出方法など、細かい規定が設けられていることが多い。

②当日の入試成績重視型

外国の教育制度や水準が国によってまちまちで、一定の基準での評価が難しいため、大学(学部・学科)が独自に設定した入学試験を重視するところも。内容は、大多数が「小論文」「学科試験」「面接」の組み合わせだ。とはいえ、出願書類の内容をまったく見ないわけではなく、ボーダーライン上での合否の参考資料として使用する場合もある。

③書類審査・入試成績折衷型

偏らず、①と②を総合的に判断する大学(学部・学科)もある。第一次選考は書類審査、第二次選考が面接・筆記試験、というパターンに代表される。

滞在時からの準備

情報収集

こうした複雑な大学入試を乗り切るには、海外滞在中から早めに情報を収集し、意思を固めておくことが大切だろう。

近ごろの大学選びの総合サイトは、各大学(学部・学科)のカリキュラム、取得可能資格、卒業後の進路など学校の特徴を把握できるだけでなく、卒業後につながる職業適性を判断できるものなど内容は多岐に渡る。そしてもちろん、大学(学部・学科)個別のウェブサイトでは、さらに詳しい特徴と入試に関する細かい情報を得ることができるだろう。

また、各大学(学部・学科)では、入学希望者を対象にしたイベントも開催している。

「オープンキャンパス」では、学長の講演、研究室訪問、キャンパスツアーなどを実施。一時帰国などを利用して、足を運んでみたい。

出願書類の手配&作成上の注意点(近年はWEB出願が主流)

通常、出願はそれぞれの試験日の1カ月ほど前に行います。

出願書類の内容は、当然ながら各大学(学部・学科)によって異なり、手間のかかるものが多いため、出来るだけ早くに取り掛かりましょう。

特に、海外で在籍した学校からの成績証明書や推薦状など、「海外で手配するもの」に関しては、余裕を持って依頼しておきたいものです。

※各種証明書は英語以外の外国語の場合は要翻訳(要翻訳証明の場合も)

①入学願書一式

日本の住所が未定で仮住所が必要なときは、親類などに了解をとっておく。

②最終学校の卒業(修了)証明書または卒業見込み証明書

多めに依頼しておく。卒業証書のみを発行する学校なら、そのコピーに学校側の公印や学校長のサインをもらう。学年の区切りによる違いなどで卒業見込み証明書の出る時期が出願に間に合わない場合は、大学側に事情を説明しておく。

③現地在籍校の成績証明書

高校の成績証明書(学校印のある成績表のコピー)は全て必要。海外での在留期間を証明するため、中学の成績(在籍)証明書まで要求されることも。また、イギリスの場合はスクールレポートのすべてをコピーして提出させる大学もある。

④統一試験のスコア証明書

試験実施期間からのオフィシャルスコアの直接送付義務があれば、日にちに余裕を持つこと。オセアニア圏の統一試験は結果が出るのが遅いため、日本の大学の合否が判明してから送付するケースもある。

※語学運用能力試験のスコア証明書、またはそのコピーを提出させる大学もある

⑤海外在留証明書

海外での在留期間を証明する書類で、通常保護者の勤務先が発行する(在外公館が発行する場合も)。パスポートコピーの提出で帰国・出国日を確認するところもある。提出を求めるのは「保護者の赴任に帯同して」海外に行ったことを条件とする大学。

⑥推薦状

学校長(学校教員でもよいとする大学もある)が作成した推薦状を求める大学もある。翻訳や厳封が必要な場合は指示に従う。大学が指定した用紙を使う場合がある(東京大学、早稲田大学など)。

⑦海外歴

出・入国日や、小学校以降の転出・転入日は正確に記入のこと。

⑧志望理由書

文字数指定は800字、1000字、1200字など。願書の一部に欄を設けるところもある。

⑨受験料納入証明書

「コンビニエンスストア振り込み」としている学校が一般的(クレジットカード決済を認めている場合もあり)。また、インターネットでの出願を行っている大学などでは「ATM振り込み」「ネットバンキング」などの利用が可能なところも。

⑩日本国内の高校の成績証明書または調査書、在籍期間証明書

帰国前、または帰国後に日本国内の高校に在籍した場合は、成績証明書または調査書が必要。早めの依頼を心掛けたい。日本の高校に数カ月でも通った場合は必要になる。

⑪写真

スピード写真不可や、画像データを求める大学も。

⑫パスポートのコピー

一部の大学で出願時に必要。

情報の窓口

大学(学部・学科)選びに始まり、オープンキャンパス、出願・入試日程など具体的な情報収集にはインターネットが便利です。帰国生向けの情報が集約された進学ガイドブックも、比較検討に役立ちます。

海外での情報収集に便利なウェブサイト

大学受験パスナビ

キャリタス進学

スタディサプリ進路

がんばれ国立大学受験生!!

海外から取り寄せできる進学ガイドブック

帰国生への学校案内≪関西≫小学校・中学校・高等学校・大学
編・発行/関西帰国生親の会かけはし
kakehashi@kansai.email.ne.jp

帰国子女のための学校便覧
編・発行/(財)海外子女教育振興財団

海外・帰国生のためのスクールガイド Biblos
編/JOBAビブロス編集部 出版/東京学参(参)

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.