Press "Enter" to skip to content

帰国子女教育情報|帰国生入試で高校に入るには①

国際化が進むなかで、海外から帰国した生徒(帰国生)を受け入れる高校は、国公私立を問わず日本全国で増加中。そこで、高校での「帰国生入試」の概要、実態、準備方法をお伝えします。

基礎知識

条件

帰国生入試を受験するための条件は、主に次の2つ。

①既に海外・日本国内合わせて9カ年の学校教育課程(小学・中学課程にあたるもの)を修了している、または入学年の3月末日までに修了見込みであること。

②海外の学校に継続または通算して在籍した年数が一定以上あり、帰国日から受験する日までの年数が経過しすぎていないこと。

②の年数は2年以上、「帰国から受験までの経過期間」は1〜3年の間で設定されることが多い。

そのほか、条件が追加される場合、「入学後は保護者と同居すること」、「指定する通学地域に居住すること(または、その予定があること)」、「保護者の帰国後に受験者本人だけで海外に在留した期間や、本人単独で留学した期間は、海外の学校での在籍年数に含まない」などが代表例だ。

選考方法

首都圏の一般入試では、私立の高校は3教科(英語・数学・国語)、国公立の高校では5教科(英語・数学・国語・理科・社会)での学科試験を中心にした選考が行われている。

しかし帰国生入試では、海外で受けてきた教育内容に配慮して、一般入試とは別の観点から評価できるよう工夫されていることも多い。このことは、私立の高校の場合は言うまでもないが、国公立の高校であっても同じで、学科試験の教科数が5教科ではなく、3教科に軽減されているケースもある。

帰国生入試における4つの主な選考方法

①書類・作文・面接

「帰国生の受け入れ」を主な目的として設置された学校を中心に実施されている。学科試験は行わず、海外で在籍していた学校での成績表や活動歴などを記した「書類」、日本語または外国語(英語の場合が多い)による「作文」、「面接」で選考する。

②英語力を重視

私立の進学校で多く実施されている。学科は「英語」のみ、またはそれに「国語」が加わったり「作文」「適性検査」「面接」などが加わることも。3教科の学科試験を課す場合でも、「出願書類の英語能力試験の成績を含めて評価」するなど英語力を重視した措置が執られている。

③帰国生専用の問題

一部の学校で実施されている。専用に作られた学科試験(3または5教科)で選考される。「数学」「国語」は一般の入試問題より難度を下げる「英語」をやや難しくするなどの工夫がされることも。

④一般と同じ問題

国公私立の難関校で多く実施されている。一般生と同等の学力を要求するもので、帰国生には合格基準点を若干下げるなどの配慮がされることもあるが、競争はかなり厳しい。

滞在時からの準備

情報収集

志望校の選定は、海外にいても可能だ。インターネットでウェブサイトを閲覧し、海外から書籍を入手するほか、日本からの駐在員が多い都市などに滞在していれば、現地の進学塾で情報を大量に仕入れることもできるだろう。

選ぶ際、帰国生を受け入れている日本国内の学校の体制は大きく3つ(左記参照)に分かれることをふまえ、親子で比較・検討してみよう。

帰国生受け入れ校の教育体制の代表例

①帰国生の受け入れを主な目的として設置され、生徒の大半を占める帰国生のことを中心に位置付ける教育環境を持つ学校。

②帰国生の受け入れが主な目的ではないが、日本語の補習や一般生とは異なる特別な語学クラス、帰国生にも対応した生活指導センターなど、帰国生に対する“何らか”の体制を持つ学校。

③「帰国生枠」での入試制度は設けるが、帰国生を対象にした特別な受け入れ体制を持たず、基本的には一般生と同様の教育を行う学校。

また、志望校が固まり始めたら、実際に学校へ足を運んでみたい。

帰国生を受け入れている学校では、帰国生に対応した学校説明会や入試説明会を開催するだけでなく、事前に問い合わせれば個別の学校訪問に応じてくれるところが数多い。

さらには、文化祭などの行事を公開していれば、それに行ってみるのも一案だろう。里帰りや一時帰国を利用して、参加してみることをぜひおすすめする。

ただし、参加には事前の予約が必要になる場合や、帰国生としての資格認定を義務付けている学校もあるので、計画はお早めに。

出願書類の手配&作成上の注意点

出願書類の入手開始時期は、「4月入学」の場合は入学前年の7月頃、「9月入学」では入学の数カ月前の6月頃からが一般的です。

❶入学願書一式

最近はインターネット上で出願できるWEB出願の採用校が増えているが、すべてをWEBで行えるわけではなく、WEB出願後に成績証明書や推薦書などの送付が必要になることも覚えておこう。

❷現地在籍校の在学・卒業・成績証明書(※)

学校により提出書類は異なるが、在学・卒業証明書に加え、成績証明書(原紙)、または成績表のコピー提出が通常。「厳封」は現地の先生に説明が必要。和訳添付の場合、教科名や成績表の評価の基準も説明しておく(例:1が一番よく、5が一番悪いなど)。

※ほかに、語学運用能力試験のスコア・各種表彰状などの提出を求める学校もある

❸海外在留証明書

海外に何年在留していたかを証明する書類で、通常保護者の勤務先が発行する。書類依頼時に、在留期間に間違いのないよう確認しておこう。パスポートコピーの提出で出国・帰国日を確認する学校や、規定の用紙への記入、勤務先の公印を求める学校もある。

❹海外滞在歴一覧・志望理由書

本人作成の海外滞在歴の提出を求める学校も多い。出入国日や、小学校以降に転出・転入した日は、きちんと記録に残しておく。志望理由書は考えをまとめ、丁寧に自筆する。

❺受験料納入証明書

受験料を出願時に現金で直接支払う学校と、前もって銀行振り込みとし、その領収証を出願書類に添付するところがある。ネットバンキングやATM振り込みでは領収書がもらえないため、海外から出願する場合は、振り込みの手段を確認し、必要なら親戚などに依頼を。

❻日本国内の中学校の成績証明書(調査書)

帰国後、日本国内の中学校に在籍した場合は、成績証明書(調査書)が必要になる(一般生と同じもの)。入試の日程を考え、早めに中学校の担任に依頼することを心掛けたい。

情報の窓口

海外から取り寄せできる進学ガイドブック

『帰国子女のための学校便覧』
編・発行/(公財)海外子女教育振興財団

『母親が歩いて見た帰国生のための学校案内中学・高校編 首都圏版』
編・発行/フレンズ 帰国生 母の会

『帰国生への学校案内≪関西≫』
編・発行/関西帰国生親の会かけはし

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.