Press "Enter" to skip to content

【教育の準備1】帰国生入試で高校に入るには①

国際化が進むなかで、海外から帰国した生徒(帰国生)を受け入れる高校は、国公私立を問わず日本全国で増加中。そこで、高校での「帰国生入試」の概要、実態、準備方法をお伝えします。

基礎知識

条件

帰国生入試を受験するための条件は、主に次の2つ。

①既に海外・日本国内合わせて9カ年の学校教育課程(小学・中学課程にあたるもの)を修了している、または入学年の3月末日までに修了見込みであること。

②海外の学校に継続して在籍した年数(継続在籍年数)が一定以上あり、帰国日から受験する日までの年数が経過しすぎていないこと。

②の「継続在籍年数」は2年以上「帰国から受験までの経過期間」は1〜3年の間で設定されることが多い。

また「海外の学校」の定義を「英語圏の現地校やインターナショナルスクール」に限定していて「全日制日本人学校」は含まれない場合もある(その際は、別枠として、全日制日本人学校の在籍者に限定した帰国生枠を設けて、試験を行う学校も)

そのほか、条件が追加される場合「入学後は保護者と同居すること」「指定する通学地域に居住すること(または、その予定があること)」「保護者の帰国後に受験者本人だけで海外に在留した期間や、本人単独で留学した期間は、海外の学校での在籍年数に含まない」などが代表例だ。

選考方法

首都圏の一般入試では、私立の高校は3教科(英語・数学・国語)、国公立の高校では5教科(英語・数学・国語・理科・社会)での学科試験を中心にした選考が行われている。

しかし帰国生入試では、海外で受けてきた教育内容に配慮して、一般入試とは別の観点から評価できるよう工夫されていることも多い。

このことは、私立の高校の場合は言うまでもないが、国公立の高校であっても同じで、学科試験の教科数が5教科ではなく、3教科に軽減されているケースもある。

帰国生入試における4つの主な選考方法

①書類・作文・面接

「帰国生の受け入れ」を主な目的として設置された学校を中心に実施されている。学科試験は行わず、海外の在籍校での成績表や活動歴などを記した「書類」日本語または外国語(英語の場合が多い)による「作文」「面接」で選考する。

②英語力を重視

私立の進学校で多く実施されている。学科は「英語」のみ、またはそれに「国語」・が加わったり「作文」・「適性検査」・「面接」などが加わることも。3教科の学科試験を課す場合でも「出願書類の英語能力試験の成績を含めて評価」するなど英語力を重視した措置が執られている。

③帰国生専用の問題

一部の学校で実施されている。専用に作られた学科試験(3または5教科)で選考される。「数学」・「国語」は一般の入試問題より難度を下げる「英語」をやや難しくするなどの工夫がされることも。

④一般と同じ問題

国公私立の難関校で多く実施されている。一般生と同等の学力を要求するもので、帰国生には合格基準点を若干下げるなどの配慮がされることもあるが、競争はかなり厳しい。

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.