Press "Enter" to skip to content

子どものスポーツにかける年間費用の平均金額は51,478円。体育の授業以外で行っているスポーツの1位は4年連続「水泳」

株式会社バンダイ(本社:東京都台東区)が、小学1年生~中学3年生の子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる方)900人を対象に「小中学生のスポーツに関する意識調査」を実施。その調査結果を公表した。

体育の授業以外で行っているスポーツ男女総合TOP10

(単一回答 n=900)

1位 水泳 15.7%
2位 サッカー 8.9%
3位 テニス 5.0%
4位 バスケットボール 4.0%
5位 野球 3.9%
6位 ダンス(チアリーディング等含む) 3.7%
7位 陸上競技 3.1%
8位 卓球 2.8%
9位 バレーボール 2.0%
10位 バドミントン 1.9%

これによると、全体の60.6%が「体育の授業以外でスポーツをしている」と回答(男子68.2%、女子52.9%)

行っているスポーツについては、2015年の調査開始以来、4年連続で「水泳」(15.7%)が総合1位という結果になった。2位「サッカー」(8.9%)、3位「テニス」(5.0%)についても、同様に4年間、順位変動はなく、3スポーツの根強い人気がうかがえる。なお「野球」(3.9%)については、2年ぶりにトップ5にランクインを果たした。

体育の授業以外で行っているスポーツ男子TOP5

1位 サッカー 16.4%
2位 水泳 15.1%
3位 野球 6.7%
4位 テニス 4.9%
5位 バスケットボール 4.7%

体育の授業以外で行っているスポーツ女子TOP5

1位 水泳 16.2%
2位 ダンス(チアリーディング等含む) 7.1%
3位 テニス 5.1%
4位 バスケットボール 3.3%
バレーボール 3.3%

男女別に見たランキングでは「野球」が2016年4位、2017年7位から順位を上げて男子3位にランクイン。女子のトップ3は「水泳」、「ダンス(チアリーディング等含む)」、「テニス」という結果になった。「ダンス」は昨年の女子3位から2位にランクアップ。2012年に中学で必修化となって以来7年が経ち、身近なスポーツとして定着してきていることがうかがえる。

また、今年の調査結果では、男女ともに「バスケットボール」がトップ5にランクイン。近年の国内での「バスケットボール」の盛り上がりが、子どもたちにも影響を与えているようだ。

親と子どもそれぞれに、そのスポーツをしている理由(複数回答)について聞いたところ「サッカー」、「野球」、「ダンス」では子どもの「そのスポーツが好きだから」という意向が強く表れていた。特に「サッカー」においては、73.8%という結果に。「バスケットボール」については「友達・兄弟がやっているから」という意向が半数となり、まわりの影響で取り組んでいる姿が見受けられる。なお、人気1位の「水泳」に関しては「体力づくりのため」という親の意向が約7割近く表れており、それぞれのスポーツによって取り組んでいる理由にも違いが見られた。

スポーツにかけている年間金額

(n=545 ※子どもがスポーツを行っている人ベース)
行っているスポーツごとの平均金額(上位5種)

さらに、体育の授業以外にスポーツを行っている子どもの親に、スポーツにかける年間費用を聞いたところ、平均金額は51,478円という結果に。金額のボリュームゾーンとしては「10,000円~49,999円」(29.7%)が最も高かった。以下「50,000円~99,999円」(25.9%)、「5,000円以上~9,999円」(18.5%)と続く。

行っているスポーツごとの平均金額(上位5種)

(n=545 ※子どもがスポーツを行っている人ベース)

水泳 ¥52,650
サッカー ¥50,444
テニス ¥46,047
バスケットボール ¥31,778
野球 ¥63,543

行っているスポーツごとの平均年間金額は、「野球」が63,543円、「バスケットボール」が31,778円と競技によって大きな差が生まれる結果となった。道具代や初期投資の金額によって、年間金額が大きく異なってくることが推測できる。

好きなスポーツ選手男女総合TOP10

(単一回答 n=900)

1位 大谷翔平(野球) 10.7%
2位 羽生結弦(フィギュアスケート) 8.2%
3位 浅田真央(フィギュアスケート) 6.4%
4位 香川真司(サッカー) 4.2%
本田圭佑(サッカー) 4.2%
錦織圭(テニス) 4.2%
7位 イチロー(野球) 4.0%
8位 池江瑠花子(水泳) 2.8%
9位 本田真凛(フィギュアスケート) 2.4%
10位 内村航平(体操) 2.0%

なお、同調査では好きなスポーツ選手についても質問。

野球の大谷翔平選手が、昨年5位から大きく順位を上げ男女総合1位に輝いた。2位には羽生結弦選手、3位には昨年1位だった浅田真央さんが現役引退後もなおランクインしており、フィギュアスケート選手の安定した人気が読み取れる。

今回総合1位となった大谷翔平選手は男女ともにトップ5入りを果たしており、男女問わず憧れの存在になっていることがうかがえた。

好きなスポーツ選手男子TOP5

1位 大谷翔平(野球) 15.1%
2位 香川真司(サッカー) 7.8%
本田圭佑(サッカー) 7.8%
4位 羽生結弦(フィギュアスケート) 5.6%
5位 イチロー(野球) 5.3%

好きなスポーツ選手女子TOP5

1位 浅田真央(フィギュアスケート) 11.8%
2位 羽生結弦(フィギュアスケート) 10.9%
3位 大谷翔平(野球) 6.2%
4位 池江瑠花子(水泳) 4.9%
本田真凛(フィギュアスケート) 4.9%

(取材・文/松井さおり)

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.