Press "Enter" to skip to content

第3回(全3回)「Who are you?」という問いに、まっすぐ答えられる自分でありたい

–別所さんの子育て論についてもお聞かせください。2009年に女の子がお生まれになっていますが、ご家庭ではどのように教育をされていますか?

別所 生まれる前から日系4世のアメリカ人の妻とは「世界の物差しで物事を見極められて、その中で自分のアイデンティティを持てる子どもに育てよう」と話していました。ですから、僕がアメリカと日本という2つのカルチャーを体験したように、彼女にもいろいろな文化や価値観を知ってほしいと日々子育てに向き合っています。家庭内では妻が英語で、僕は日本語で話すようにしたり、3歳の時には世界一周旅行にも連れて行きました。

–子育てにもとても積極的なのですね。

別所 今はスマホをいじっていればその中の情報だけで満足できてしまう時代でしょう。だからこそ、リアルな体験をしてほしい。食事ひとつとっても、いろいろな地域のものを食べたり、常に多様性に接してほしいと思っています。

ただ、僕は「郷に入っては郷に従え」の感覚もすごく大切だと思っています。このインタビューをご覧の読者の方々も、今海外で子育てをされていらっしゃるかもしれませんが、その場所で、その瞬間に得られるユニークな体験は何にも変えがたいものです。僕も今8歳の娘がいて、彼女はインターナショナルスクールに通わせているんですが、彼女が望めば海外留学もいいし、それから日本に帰って来てもいいでしょう。その時、僕と同じようにアイデンティティクライシスに陥るかもしれない。けれど、多感な時期に自分がどういうルーツでどんな人物なのかを環境やコミュニティから感じる。そんな体験こそ唯一無二のものなのではないでしょうか。

別所哲也さんの1問1答×10

❶ 好きな言葉は?
「If you go fast, go alone. If you go further, go together.」
★よく口にするよう心掛けている言葉です

❷ 嫌いな言葉は?
「できません・やれません」
★やってもいないのに「できません」はご法度

❸ ウキウキする瞬間は?
「知らないことに触れる時」
★最新ガジェットとの出会いはいつも新鮮

❹ げんなりする瞬間は?
「美味しいものが食べられない時」
★食いしん坊なので(笑)

❺ 人生で一番ピンチを感じた時は?
「イーストLAで車がガス欠」
★本当に路頭に迷いました

❻ 人生で一番チャンスを感じた時は?
「映画祭のアイディアを思いついた時」
★リスク度返しで、とにかく「やりたい」と思いました

❼ 朝起きて最初にすることは?
「大声で歌う」
★こうすると目が覚めます!

❽ 寝る直前にすることは?
「ゼリーかアイスを食べる」
★娘にバレて、「健康的じゃない」って
怒られるんですけどね(笑)

❾ 10年後どうしていたい?
「好きなことを好きなだけ」
★歳を取ったからそろそろ落ち着こうとか、
画一的にはなりたくないかな

❿ マイブームは?
「コーヒー」
★サードウェーブからコンビニまで飲み比べます

プロフィール

別所哲也プロフィール

別所哲也(べっしょてつや)

1965年、静岡県生まれ。『静岡県立藤枝東高校』を卒業後、『慶應義塾大学法学部法律学科』に進学。その後23歳で渡米し、ハリウッドデビューを果たす。帰国後も映画や舞台など多方面で活躍。1999年からはショートフィルム映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル』を主宰している。

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.