Press "Enter" to skip to content

第1回(全3回)「Who are you?」という問いに、まっすぐ答えられる自分でありたい

1990年の日米合作映画『クライシス2050』でのハリウッドデビューを皮切りに、日本の映画界を盛り上げてきた別所哲也さん。今回はそんな別所さんの海外経験を通しての気づきや子育てのポリシーについて、お話を伺いました。

学生時代は、「alive」な英語に触れてみたかった

小さい頃から、
違う国の文化に触れてみたい、
交流してみたいという気持ちがあった

–まずは別所さんの子ども時代のお話からお聞かせください。

別所哲也さん(以下、別所) 実家は静岡県の田舎町です。小学生まではすごく大人しくて引っ込み思案な、静かな子。それが中・高とバレーボールを始めたことで、自分から率先して動く人間になりました。

–当時はどんな夢をお持ちでしたか?

別所 少なくとも芸能界に進もうとは考えていませんでしたね。ただ、母の親戚がサンフランシスコにいて、時々絵葉書をもらったりしていたので、漠然と海の向こうの世界に興味を持っていました。中学生の時にホームステイをしたいと思ったこともありましたよ。

–高校をご卒業後、『慶應義塾大学法学部法律学科』に進学していらっしゃいますよね。上京しようと思った理由は?

別所 社会人になる前に東京で一人暮らしをすれば独り立ちできる、という思い込みがあったんです。法律の勉強をしようと思ったのは、社会のルールを学んでみたいと思ったから。

といっても、学生時代は勉強以上にサークル活動にかなり熱を入れていました。「ESS」(English Speaking Society)という、英会話サークルです。慶應のESSはドラマ、ディベート、スピーチ、ディスカッションの4セクションに分かれていたのですが、僕は体を動かしたり、何か表現するのが好きだったので、ドラマセクション一択でしたね。他のものもすごく面白いんですけど、社会的な問題を議論するのは学部の授業でもやっていたので。それよりも感情を動かす、“alive”な英語に触れてみたかったんです。

–ではサークルがきっかけで、芸能界の世界へ?

別所 そうというわけでもないんですけれど、大学3年生の頃、僕もまだちょっとしたモラトリアムにいて(笑)。企業の肩書きだけじゃなくて、自分の表現で人の心を動かしたりできる仕事に就きたいと、青臭くも思っていたんです。それで、やっぱり後悔をするくらいならちゃんと一度チャレンジしたいと思って、1、2年で芽が出なければ諦めると決めて、俳優の道に進むことにしました。

プロフィール

別所哲也プロフィール

別所哲也(べっしょてつや)

1965年、静岡県生まれ。『静岡県立藤枝東高校』を卒業後、『慶應義塾大学法学部法律学科』に進学。その後23歳で渡米し、ハリウッドデビューを果たす。帰国後も映画や舞台など多方面で活躍。1999年からはショートフィルム映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル』を主宰している。

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.