Press "Enter" to skip to content

将来なりたい職業、中高生男子の第1位は「YouTuberなどの動画投稿者」

ソニー生命保険株式会社』(本社:東京都千代田区)が、全国の中高生に対して行った「中高生が思い描く将来についての意識調査」の集計結果を公開した。本調査は今回で3回目となるもので、インターネットリサーチで実施。1,000名(中学生200名、高校生800名)の有効サンプルの集計結果をまとめている(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)。

将来なりたい職業、男子中学生の第1位は「YouTuber」、女子中学生の第1位は「芸能人」

調査対象者である男子中学生に聞いた将来なりたい職業の第1位は「YouTuberなどの動画投稿者」(23.0%)。2位は「プロeスポーツプレイヤー」(17.0%)、3位は「社長などの会社経営者・起業家」(い15.0%)だった。その理由については「憧れの人がいるから」「活動している人を見て自分もやりたいと思ったから」「楽しみながら収入を得られそうだから」というものが挙げられた。2位の「プロeスポーツプレイヤー」は、「ゲームが好きだから」「選手を見てかっこいいと思ったから」、3位の「社長などの会社経営者・起業家」では「自分の力を試したいから」「YouTubeでゲーム実況者のことを知り、面白いと思ったから」といった回答が寄せられた。

一方、女子中学生の1位は「歌手・俳優・声優などの芸能人」(17.0%)。2位は「YouTuberなどの動画投稿者」(16.0%)、3位は「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」「美容師」(いずれも14.0%)だった。その理由については、1位の「歌手・俳優・声優などの芸能人」では「憧れているから」「尊敬する歌手がいるから」「いろいろな人を笑顔にさせたいから」、2位の「YouTuberなどの動画投稿者」では「好きなことをやって稼ぎたいから」「人に見て楽しんでもらいたいから」「動画編集の技術を磨きたいから」、3位の「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」では「絵を描くことが好きだから」「自分がやりたいことをやりたいから」、「美容師」では「たくさんの人と話をすることで、自分の世界観が広がると思ったから」「美容関係の仕事に就きたいから」といった回答が挙げられた。

将来なりたい職業、男子高校生の第1位は「YouTuber」、女子高校生の第1位は「公務員」

高校生については、男子高校生では1位「YouTuberなどの動画投稿者」(15.3%)、2位「社長などの会社経営者・起業家」(13.5%)、3位「ITエンジニア・プログラマー」(13.3%)となった。その理由については、1位の「YouTuberなどの動画投稿者」では「好きなことを仕事にできるのは最高だから」「見ている人を笑顔にさせたいから」「コロナ禍でも安定しそうだから」「楽しみながら仕事ができるから」「柔軟な働き方ができるから」、2位の「社長などの会社経営者・起業家」では「社会を牽引してみたいから」「世界を変えられるような人になりたいから」「いろいろなチャレンジをしたいから」「父が経営者だから」、3位の「ITエンジニア・プログラマー」では「これからますます需要のある仕事だと思うから」「何かを作り出す仕事をしたいから」といった回答が挙げられた。

一方、女子高校生では1位が「公務員」「看護師」(いずれも11.5%)、3位が「教師・教員」「歌手・俳優・声優などの芸能人」(いずれも10.3%)と、堅実志向が明るみになった。その理由としては、1位の「公務員」では「安定した職に就きたいから」「人の役に立ちたいから」、「看護師」では「人を助けたいから」「大変そうだがやりがいがありそうだから」「元気な人が少しでも増えてほしいから」、3位の「教師・教員」では「尊敬する先生のようになりたいから」「子どもの成長に携わると共に、自分自身も成長したいから」、「歌手・俳優・声優などの芸能人」では「強い憧れがあるから」「元気を届けられるような人になりたい」といった回答が挙がっている。

30歳時点の目標年収のイメージ、中学生の平均は905万円、高校生の平均は685万円

同調査では、全回答者に年収や貯蓄額のイメージについても質問。30歳時点の目標年収のイメージを持っている608名に、30歳時点の目標年収を聞いたところ「500万円(16.4%)や「600万円」(12.8%)、「1,000万円」(12.0%)などに回答が集まり、平均は中学生905万円、高校生685万円となった。また、中高生の親世代の年齢を想定し、45歳時点の目標年収を聞いたところ、目標年収のイメージを持っている543名の回答は「500万円」(11.8%)や「600万円」(12.2%)、「1,000万円」(12.3%)、「3,000万円以上」(10.1%)などに分かれ、平均は中学生1,175万円、高校生953万円だった。

さらに、30歳時点の目標貯蓄額のイメージを持っている578名に、30歳時点の目標貯蓄額を聞いたところ「1,000万円」(16.8%)に多くの回答が集まり、平均は中学生1,024万円、高校生855万円だった。45歳時点の目標貯蓄額のイメージを持っている534名に、45歳時点の目標貯蓄額を聞いたところ「1,000万円」(14.4%)や「3,000万円以上」(17.8%)などに回答が分かれ、平均は中学生1,352万円、高校生は1,274万円となっている。

(取材・文/松井さおり)