Press "Enter" to skip to content

帰国生入試 (大学編)

帰国生入試の基礎知識

帰国生枠での出願資格は、大学(学部・学科)によってさまざまだ。

条件

  1. 海外での学校種別
    対象は、「海外で外国の学校教育を受けた者」で、「日本の教育制度の高校に通った者」を含まないケースが多い。
  2. 海外の学校での在籍期間
    多いのは、学校教育課程12ヵ年のうち、「海外の高校に最終学年を含めて2年(または3年)以上継続して在籍している」こと。
  3. 帰国前後の日本の高校在籍
    海外の高校卒業を条件とする大学(学部・学科)が多い中、帰国後の日本の高校在籍・卒業が年数制限付きで認められる場合もある。
  4. 高校卒業後の経過年数
    当該年度の卒業(または卒業見込み)者限定の場合と、過年度の卒業者にも受験を認める場合とがある。
  5. 飛び級・繰り上げ卒業
    学校教育課程の12年未満での卒業は、認められることが多い(証明書が必要)。ただし、入学時18歳を要件とすることがある。
  6. 単身残留
    保護者赴任が出願資格とされる場合でも、保護者が帰国した後、単身で在留した者の受験が認められることがある。

選考方法

課される選考は、志望する系統で分けると以下のよう大別される。

系統別、帰国生入試の一般的な組み合わせ

  1. 文系学部・学科
    書類審査、筆記試験《小論文、国語、外国語(主に英語)》、面接
  2. 理数系学部・学科
    書類審査、筆記試験《小論文、外国語(主に英語)、数学、理科(物理・化学・生物・地学から1~2科目を選択)》、面接(学科面接を含む)

※近年の傾向として、外国語は筆記試験の場合、英語を指定することが多くなり、筆記を廃止し、外部試験(多くはTOEFLR)のスコア提出に置き換えられる例が増えている
これをふまえ、合否の評価を下すときに、どれをどの程度重視するかは、以下の3つに大別される。

合否の判断基準代表的な3パターン

  1. 書類審査重視型
    重視される出願書類は、「各国の教育制度に基づく統一試験(※1)のスコア」、「海外で在籍した学校での成績や活動歴」、「語学運用能力試験(※2)のスコア」などが代表例だ。
    こうした大学(学部・学科)では、統一試験のスコア提出ひとつとっても、専攻分野や科目、その提出方法など、細かい規定が設けられていることが多い。
  2. 当日の入試成績重視型
    外国の教育制度や水準が国によってまちまちで、一定の基準での評価が難しいため、大学(学部・学科)が独自に設定した入学試験を重視するところも。内容は、大多数が、「小論文」、「学科試験」、「面接」の組み合わせだ。とはいえ、出願書類の内容をまったく見ないわけではなく、ボーダーライン上での合否の参考資料として使用する場合もある。
  3. 書類審査・入試成績折衷型
    どちらにも偏らず、1と2を総合的に判断する大学(学部・学科)もある。第一次選考は書類審査、第二次選考が面
    接・筆記試験、というパターンに代表される

※1…SAT®、ACT®、IB®など
※2…TOEIC®、TOEFL®、IELTS™、実用英語検定(英検)など

スケジュール

複雑・長期化しやすいため日程調整はとても大切

大学(学部・学科)での帰国生入試は、下記の「帰国生の大学入試日程」の表から、かなり複雑なものであることが分かる。

また、国公立を第一志望にして私立を併願する場合や、帰国生入試以外にも一般入試を視野に入れる場合、AO入試や(自己)推薦入試なども合わせてチャレンジする場合のことなどを考えると、入試がよりいっそう複雑化した日程で、長期間にわたることも覚悟しておかなくてはならない。

“帰国”という大きな作業も絡みうる帰国生入試では、「いつの段階で何を準備すればよいのか」といった巧みなスケジューリングが非常に重要になってくる。

外国の教育制度に沿った日程で受けられる試験も

帰国生入試は、4月に入学するためのものがほとんどだが、なかには秋季(多くは9月)に入学する制度を採用している大学(学部・学科)もある。これは、3月ではなく6月に卒業することの多い英語圏の現地校やインターナショナルスクールに通う帰国生にとって活用しやすいものかもしれない。

しかし、「現地の学校を卒業する頃に日本の大学の試験に合格し、現地の学校を卒業した2~3カ月後に日本の大学に入学する」という秋季入学で進学するケースはあまり多くない。

また、4月入学を基本としている大学(学部・学科)に秋季のタイミングで入学する場合は、4月入学の者より半年早く入学するぶん、卒業がそのまま半年早まる。しかし、日本での就職時期は4月入学者と変わらない。こうしたこともあってか、秋季入学用の入試で合格した場合でも、それをキープして、4月入学用の入試を受ける人もいる。

帰国生の大学入試日程

帰国生入試

国公立

秋季入学

出願 5月下旬〜8月中旬
受験 7月〜8月
合格発表 7月中旬〜9月中旬
入学 9月中旬〜10月上旬

4月入学

出願 9月下旬〜1月上旬
受験 10月中旬〜2月
合格発表 12月上旬〜3月
入学 4月〜

私立

秋季入学

出願 3月〜7月
受験 4月上旬〜9月中旬
合格発表 5月中旬〜9月上旬
入学 9月中旬〜10月

4月入学

出願 7月〜10月
受験 9月中旬〜1月上旬
合格発表 9月中旬〜2月上旬
入学 4月〜

帰国生入試以外の入試

国公立

【一般入試】センター入試

出願 10月上旬
受験 1月中旬

【一般入試】2次前期日程

出願 1月下旬〜2月上旬
受験 2月下旬〜3月上旬
合格発表 3月中旬
入学 4月〜

【一般入試】2次中期日程 ※公立のみ

出願 1月下旬〜2月上旬
受験 3月中旬
合格発表 3月下旬
入学 4月〜

【一般入試】2次後期日程

出願 1月下旬〜2月上旬
受験 3月下旬
合格発表 3月下旬
入学 4月〜

AO入試

出願 8月中旬〜1月中旬
受験 9月上旬〜2月中旬
合格発表 10月上旬〜2月中旬
入学 4月〜

推薦入試

出願 11月上旬〜11月中旬
受験 11月中旬〜12月上旬
合格発表 12月中旬
入学 4月〜

私立

センター試験

出願 10月上旬
受験 1月中旬

センター試験利用入試

出願 1月上旬〜3月中旬
合格発表 2月中旬〜3月
入学 4月〜

一般入試

出願 12月上旬〜2月上旬
受験 1月下旬〜3月中旬
合格発表 2月中旬〜3月下旬
入学 4月〜

AO入試

出願 8月上旬〜10月上旬
受験 9月上旬〜12月上旬
合格発表 10月中旬〜12月
入学 4月〜

推薦入試

出願 10月中旬〜11月上旬
受験 10月下旬〜11月下旬
合格発表 11月中旬〜12月中旬
入学 4月〜

※上記日程はピーク時を中心に表示しました。
試験の多様化に伴い、上記日程にあてはまらないものもあるため、必ず各大学のウェブサイトや募集要項でご確認ください

滞在時からの準備

情報収集

こうした複雑な大学入試を乗り切るには、海外滞在中から早めに情報を収集し、意思を固めておくことが大切だろう。

近ごろの大学選びの総合サイトは、各大学(学部・学科)のカリキュラム、取得可能資格、卒業後の進路など学校の特徴を把握できるだけでなく、卒業後につながる職業適性を判断できるものなど内容は多岐に渡る。そしてもちろん、大学(学部・学科)個別のウェブサイトでは、さらに詳しい特徴と入試に関する細かい情報を得ることができるだろう。

また、各大学(学部・学科)では、入学希望者を対象にした催しも開催している。「オープンキャンパス」では、学長などの講演、研究室訪問、キャンパスツアーなどを実施。一時帰国などを利用して、足を運んでみたい。

出願書類の手配&作成上の注意点(近年はWEB出願が主流)

1、入学願書一式

日本の住所が未定で仮住所が必要なときは、親類などに了解をとっておく。

2、最終学校の卒業(終了)証明書または卒業見込み証明書

多めに依頼しておく。卒業証書のみを発行する学校なら、そのコピーに学校側の公印や学校長のサインをもらう。
学年の区切りによる違いなどで卒業見込み証明書の出る時期が出願に間に合わない場合は、大学側に事情を説明しておく。

3、現在在籍校の成績証明書

高校の成績証明書(学校印のある成績表のコピー)はすべて必要。
海外での在留期間を証明するため、中学の成績(在籍)証明書まで要求されることも。

4、統一試験のスコア証明書

試験実施機関からのオフィシャルスコアの直接送付業務があれば、日にちに余裕をもつことも。
※英検・TOEFL®・TOEIC®証明書、またはそのコピーを提出させる大学もある

5、海外在留証明書

海外での在留期間を証明する書類で、通常保護者の勤務先が発行する。パスポートコピーの提出で帰国・出国日を確認するところもある。

6、推薦状

学校長(学校教員でもよいとする大学もある)が作成した推薦状を求める大学もある。翻訳や厳封が必要な場合は指示に従う。

7、海外歴の表

出・入国日や、小学校以降の転出・転入日は正確に記入のこと。

8、志望理由書

英語で執筆を指定されるケースも。願書の一部の欄を設けるところもある。<

9、受験料納入証明書

「コンビニエンスストア振り込み」としている学校が一般的(クレジットカード決済を認めている場合もあり)。また、インターネットでの出願を行なっている大学などでは、「ATM振り込み」、「ネットバンキング」などの利用が可能なところも。

10、日本国内の高校の成績証明書または調査書

帰国前、または帰国後に日本国内の高校に在籍した場合は、成績証明書または調査書が必要。早めの依頼を心掛けたい。

※各種証明書は英語以外の外国語の場合は要翻訳(要翻訳証明書の場合も)

海外での情報収集に便利なウェブサイト

大学受験パスナビ

キャリタス進学

リクナビ進学

海外から取り寄せできる進学ガイドブック

「帰国生への学校案内<関西>小学校・中学校・高等学校・大学」

「帰国子女のための学校便覧」

「海外・帰国生のためのスクールガイド Bibros」

学習の準備

さて、学習の準備に関し、試験の傾向と照らし合わせながら確認しておきたい。

海外在籍校の成績・活動

合否の大きな選考要素となりえる出願書類。なかでも海外在籍校での成績は細かくチェックされる場合がある。また、成績以外にも、クラブ、ボランティアなどの活動で特筆すべきものを持っておくと有利だ。

統一・語学運用能力試験

試験結果の提出は、出願時に「必ず必要」、「提出が望ましい」、「不要」の三通り。提出を出願の必須条件とする大学(学部・学科)の場合、ハイスコアが必要となることもある。

また「提出が望ましい」であっても、書類審査段階で参考資料となることも。試験を受けてスコアを伸ばしておいたほうが、選択肢が広がることに変わりはない。

学科試験

海外での勉強を最優先させつつも、帰国生入試での出題傾向(左記)を把握し、できることからはじめることが大切だ。

  • 外国語(英語)
    概して私立の文系では高度な内容で出題されるが、最近ではTOEFL®のスコアに置き換えられることが多い。
  • 国語(日本語)
    漢字の書き取り、読み、語句の理解、文章把握、論旨の要約などを中心的に出題される。また、外国語の和訳力にも影響する。
  • 数学・理科
    海外での学習内容や履修分野がまったく考慮されないことや、面接での口頭試問で知識を問われることもある。数学では、電卓使用が不可のため、計算力も必要となる。理系進学の場合、大学では一般生と同等の学力が必要となることに留意。

小論文

帰国生入試において「もっとも重視される」とも言われ、十分な対策が必要。出題内容は、与えられたテーマを自由に論じるばかりでなく、難解な長文読解の末に論じたり、受験する学部・学科の分野に関連する内容で論じることを要求されることもある。

そのため、対策は一朝一夕では身につかない。時間をかけて、滞在国の「文化」、「政治」、「経済」、「国際問題」などの現地での見解、さらには「志望学部・学科に関連した時事問題」などを知り、考えをまとめておくと効果的。加えて、課される言語の力を備えておくことも大切だ。

【小論文のテーマ例】

  • あなたが読んだ本のなかで、とくに面白いと思った一冊について、どういう点で興味をもったのか、具体的に説明せよ(700字前後)(文学部)。
  • 日本という国の強さと弱さについて、自由に論ぜよ(字数制限なし)(文系)。
  • 他国はどうあれ日本は温室効果ガスの排出量を大幅に削減すべきである、という主張について、どう考えるか。地球温暖化論の信憑性、日本の排出量削減が温暖化防止に寄与する程度、日本の経済に与える影響等を考慮しつつ、論ぜよ(800字以内)(法学部)。
  • iPS細胞がどのように医療に応用されるかについて、期待することを600字以内で説明せよ(医学部)。
  • 選挙とメディアの関係について自由に論ぜよ(法学部)。
  • 「社会力」について書かれた課題文を読み、設問に答えよ(課題文省略・出典:門脇厚司『社会力を育てる-新しい「学び」の構想』岩波新書)。(1)筆者は、現代日本社会の抱える問題として、「貧困層の増大と弱者の切り捨て、ないしは、自己責任を名目に、弱者を社会的に排除する傾向が顕著になっている」ことをあげる。これを解決する手段として人々が社会を共有する関係をもつことを主張する筆者の立場を、具体的な例を挙げながら400字以内で説明せよ(全学共通)。

面接

「志望理由」、「学部・学科に関わる専門知識への関心」、「高い思考力が身についているか」、「日本語の運用能力」を総合的に見られることが多く、その対策が必要となる。理数系では学科面接を行うこともあるので、事前に準備を進めておくことも大切。

【面接での質問例】

  • 自己紹介
  • 志望動機(なぜ日本の大学かも含め)
  • 大学の印象
  • 帰国後何をしていたのか
  • 将来展望
  • 海外生活で得たもの
  • 日本の長所・短所
  • 滞在国と日本の比較
  • 読書歴
  • 日本で医師として患者に接するにあたって文化や価値観の違いを感じたらどうするか?(医学部)
  • 今までで直面した一番の困難は何か?(法学部)
  • 口頭試問[積分・熱機関・てこと滑車と浮力を組み合わせた問題](工学部)
  • 滞在国と日本のメディアの違い(社会学部)
  • マーケティングに興味を持ったきっかけは?(商学部)
  • 滞在国の様子―財政は?教育は?(商学部)
  • 自由貿易の弊害は?(文系)
  • 日本の都市はどうあるべきか?(工学系)
  • 滞在国の貧困をみる機会はあった?滞在国と日本の貧困の質の違いは?貧困は社会保障・財政的に是正できるか?(文系)
  • 建築は家庭ゴミを減らすために何ができるか?(理系)
  • 滞在国と日本の臓器移植の違い(状況)(医学系)
  • 化学に関する口頭試問[有機合成について、酸塩基について、モル濃度の計算について、希ガスについて](薬学部)
  • 登校や引きこもりの子供達に対して望まれる教師対応について(教育学部)
  • 日本の外交問題についての意見(法学部)

「帰国生入試」最近の傾向と実際

Q 一般入試と比べて「帰国生入試は簡単」って本当?

A 帰国生入試での合格校を見ると、一般入試に比べてレベルの高い大学に合格者が出でいますが、それをもって「簡単」と表現することは間違いです。
そうではなく、限られた勉強時間の中での競争は激しい、と言えるでしょう。
また、これは難関の国公立・私立大学の場合になりますが、まず書類審査の時点で、「統一試験」や「語学運用能力試験」での非常に高いスコア(海外の難関大学に合格できるレベル)が求められる大学もあります。
さらに、それを通過しても入学問題の難易度は簡単ではありません。
文系だと、「英語」の教科試験は、帰国生が慣れていない”日本的な英語問題”でのハイスコアが求められることがあります。
和訳や文法力が求められる問題への演習が必要です。
理系では、一般と同一問題、日本式の学習をしていないと解答できない問題が出題されることがあります。
入念な準備が必要なことは言うまでもありません。

Q 帰国生入試でどこの大学にも受からないことってあるの?

A 難関大学や人気のある大学(学部・学科)の合格率は、3〜4倍、特に人気の高い学部では10倍を超えることもあります。”大学全入試時代”の昨今、それ以外の大学(学部・学科)では合格しやすいこともあります。
そのため、とにかく帰国生入試で受かることが第一目標であれば、それを達成することはできるでしょう。ただ、入学後、勉学・研究についていける学力、社会で通用しうる学力を身につける必要性を忘れてはいけません。

Q 帰国生入試の勉強は、帰国してから始めても間に合う?

A 志望校のレベルにもよりますが、特に、難関の国公立・私立大学の合格者の多くは、現地の高校での勉強、統一試験や語学能力試験のスコアアップを頑張りつつも、在学中に一時帰国し、「夏期・冬期準備講座」等に参加しています。
早くから帰国生入試の傾向を把握し、受験までに”自分に足りないもの、必要なもの”をしっかりと認識し、対策を打っておくこと。それが、より高い志望校へ近づく対策となるでしょう。理系の場合は、1年以上前から日本の教科書程度の「理科・数学」に取り組む必要があります。

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.