Press "Enter" to skip to content

帰国生入試(高校編)

帰国生入試の基礎知識

国際化が進むなかで、海外から帰国した生徒(帰国生)を受け入れる高校は、国公私立を問わず日本全国で増加中。そこで、高校での「帰国生入試」の概要、実態、準備方法をお伝えします。

条件

帰国生入試を受験するための条件は、主に次の2つ。

  1. 既に海外・日本国内合わせて9カ年の学校教育課程(小学・中学課程にあたるもの)を修了している、または入学年の3月末日までに修了見込みであること。
  2. 海外の学校に継続して在籍した年数(継続在籍年数)が一定以上あり、帰国日から受験する日までの年数が経過しすぎていないこと。

2の「継続在籍年数」は2年以上、「帰国から受験までの経過期間は1~3年の間で設定されることが多い。また、「海外の学校」の定義を「英語圏の現地校やインターナショナルスクール」に限定していて、「全日制日本人学校」は含まれない場合もある(その際は、別枠として、全日制日本人学校の在籍者に限定した帰国生枠を設けて、試験を行う学校も)。

そのほか、条件が追加される場合、「入学後は保護者と同居すること」、「指定する通学地域に居住すること(または、その予定があること)」、「保護者の帰国後に受験者本人だけで海外に在留した期間や、本人単独で留学した期間は、海外の学校での在籍年数に含まない」などが代表例です。

選考方法

一般入試では、私立の高校は3教科(英語・数学・国語)、国公立の高校では5教科(英語・数学・国語・理科・社会)での学科試験を中心にした選考が行われています。

しかし帰国生入試では、海外で受けてきた教育内容に配慮して、一般入試とは別の観点から評価できるよう工夫されていることも多い(下記参照)。

このことは、私立の高校の場合は言うまでもないが、国公立の高校であっても同じで、学科試験の教科数が5教科ではなく、3教科に軽減されているケースもあります。

国生入試における4つの主な選考方法

  1. 作文・面接・書類
    「帰国生の受け入れ」を主な目的として設置された学校を中心に実施されています。学科試験は行わず、海外の在籍校での成績表や活動歴などを記した書類、日本語または外国語(英語の場合が多い)による「作文」、「面接」で選考します。
  2. 英語力を重視
    私立の進学校で多く実施されている。学科は「英語」のみ、またはそれに「国語」・「作文」・「適性検査」・「面接」などが加わります。3教科の学科試験を課す場合でも、「英語が高得点なら他教科が合格基準点以下でも考慮」、「出願書類の英語能力試験の成績を含めて評価」など英語力を重視した措置が取られています。
  3. 帰国生専用問題
    国公私立の一部で実施されている。専用に作られた学科試験(3または5教科)で選考されます。「数学」・「国語」は一般の入試問題より難易度を下げる、「英語」をやや難しくするなどの工夫がされることもあります。
  4. 一般と同じ問題で選考
    国公私立の難関校で多く実施されている。一般生と同等の学力を要求するもので、帰国生には合格基準点を若干下げるなどの配慮はあるが、競争はかなり厳しいです。

スケジュール

海外滞在中に日本の高校受験を迎える場合、さまざまな準備を考え、早めに行動を起こすべきなのは言うまでもない。スケジュールで気をつけたいのは、子どもが全日制日本人学校ではなく、現地校やインターナショナルスクールに通っている場合です。

先に述べた通り、日本の高校を受験する場合、一部の学校を除き、「入学年の3月末日までに9カ年の学校教育過程を修了、またはその見込み」になっている必要があります。

しかし、現地校やインターナショナルスクールに通う場合は、日本での修了月との違いから、その条件を滞たす前に受験期が来てしまう。この“ズレ”に対処する代表的な方法は3つあります。

9カ年の学校教育課程を修了&見込みにする方法

  1. 早めに帰国して公立中学校に編入し、3月末日までに修了見込みとする。
  2. 海外の全日制日本人学校に編入し、3月末日までに修了見込みとする。
  3. 海外の学校をそのまま卒業し、日本の高1の途中(多くは9月)に編入学する。

ただ、どれを選ぶにしても、リスクは把握しておきたいです。

(1)の場合は、日本の公立中学校に馴染めないことから受験勉強に集中できないことも。(2)は、全日制日本人学校は運営母体が私立なため、いつでも編入学できるとは限らないです。(3)では、編入学試験自体が入学試験以降の欠員補充であることも多く、志望校が実施しないこともありえます。

とはいえ、こうした方法で見事ストレート合格を果たしているケースも少なくないです。 また、通年で編入学試験を実施したり、入学年の6月卒業見込みでも受験を認める学校が少数ながら出てきたのは嬉しいことです。

帰国生の高校入試日程

情報収集・学校案内取り寄せ(有料の場合もある)

5月〜1月
※1月末までに取り寄せ可能だが10月末までに終了させたい

学校説明会(事前予約が必要かをあらかじめ確認しておく)

6月〜1月

募集要項の確認

7月〜12月
※12月末までに取り寄せ可能だが9月末までに終了させたい

資格・条件確認と必要に応じた承認

7月〜12月
※12月末までに取り寄せ可能だが10月末までに終了させたい

出願書類入手

7月〜12月
※12月末までに取り寄せ可能だが10月末までに終了させたい

出願

【海外入試】
9月〜10月

【国内入試】
11月〜2月
※2月受付可能な学校もあり

受験票受け取り

10月中旬〜2月

帰国生入試

【海外入試】
11月〜12月

【国内入試】
私立
12月〜2月中旬

国立
2月

公立
2月〜3月中旬

推薦入試(自己推薦)

1月〜2月上旬
※2月実績の学校もあり

一般入試

【私立】
1月中旬〜2月中旬

【国公立】
1月下旬〜3月中旬

合格発表

11月〜3月
※3月実績の学校もあり

入学手続き

11月〜3月
※3月実績の学校もあり

制服などの準備

1月〜3月
※1月に準備開始の学校もあり

入学

4月〜

滞在時からの準備

情報収集

志望校の選定は、海外にいても可能です。日本語環境を整えたインターネットでウェブサイトを閲覧したり、海外から書籍を入手するほか、日本からの駐在員が多い都市などに滞在していれば、現地の進学塾で情報を大量に仕入れることもできるだろう。

選ぶ際、帰国生を受け入れている日本国内の学校の体制は大きく3つ(左記参照)に分かれることをふまえ、親子で比較・検討してみましょう。

帰国生受け入れ校の教育体制の代表例

  1. 帰国生の受け入れを主な目的として設置され、生徒の総数を占める帰国生のことを中心にとらえた教育環境を持つ学校。
  2. 帰国生の受け入れが主な目的ではないが、日本語の補習や一般生とは異なる特別な語学クラス、帰国生にも対応した生活指導センターなど、帰国生に対する“何らか”の体制を持つ学校。
  3. 「帰国生枠」での入試制度は設けるが、帰国生を対象にした特別な受け入れ体制を持たず、基本的には一般生と同様の教育を行う学校。

また、志望校が固まり始めたら、実際に学校へ足を運んでみたい。帰国生を受け入れている学校では、帰国生に対応した学校説明会や入試説明会を開催するだけでなく、事前に問い合わせれば個別の学校訪問に応じてくれるところも数多いです。

さらには、文化祭などの行事を公開していれば、それに行ってみるのも一案だろう。里帰りや一時帰国を利用して、参加してみることをぜひおすすめします。

ただし、参加する際に事前の予約が必要だったり、帰国生としての資格認定を義務付けている学校もあるので、計画はお早めに。

出願書類の手配&作成上の注意点

出願書類の入手開始時期は「4月入学」の場合は入学前年の7月頃、「9月入学」では入学数ヶ月の6月頃からが一般的です。

1、入学願書一式

記入例を参考に、自筆で丁寧に記入す。
日本の住所は未定で、仮住所が必要なときは、親戚などに了解をとっておく。
写真は規定の大きさを守り、万が一剥がれても分かるよう裏に名前を書く。

2、現地在籍校の在学・卒業・成績証明書

学校により提出書類は異なるが、在学・卒業証明書に加え、成績証明書(原紙)、または成績表のコピー提出が通常。「厳封」は現地の先生に説明が必要。
和訳添付の場合、教科名や成績表の評価基準も説明しておく(例:1が一番よく、5が一番悪いなど)。

3、海外在留証明書

海外に何年在留していたかを証明する書類で、通常保護者の勤務先が発行する。書類依頼時に、在留期間に間違いのないよう確認しておこう。
パスポートの提出で出国・帰国日を確認する学校や、規定の用紙への記入、勤務先の公印を求める学校もある。

4、海外滞在歴や志望理由書

日本作成の海外滞在歴の提出を求める学校も多い・
出入国日や、小学校以降に転出・転入した日は、きちんと記録に残しておく。志望理由書は考えをまとめ、丁寧に自筆する。

5、受験料納入証明書

受験料を出願時に現金で直接支払う学校と、前もって銀行振り込みとし、その領収証を出願書類に同封するところがある。ネットバンキングやATM振り込みでは領収書がもらえないため、海外から出願する場合は、振り込みの手段を確認し、必要なら親戚などに依頼を。

6、日本国内中学校の成績証明書(調査書)

帰国後、日本国内の中学校に在籍した場合は、成績証明書(調査書)が必要になる(一般生と同じもの)。入試の日程を考え、早めに中学校の担任に依頼することを心掛けたい。

※ほかに、英検証明書・TOEFLE/TOEICのスコア・各種表彰状などを提出させる学校もある

海外から取り寄せできる進学ガイドブック

「帰国生への学校案内<関西>小学校・中学校・高等学校・大学」

「母親が歩いて見た 帰国生のための学校案内 中学・高校編 首都圏版」

「帰国子女のための学校便覧」

「海外・帰国生のためのスクールガイド Bibros」

学習の準備

海外滞在中、受験の準備はどのように進めるべきなのだろうか。前出の「帰国生入試における4つの主な選考方法」ごとに、その対策を紹介しましょう。

作文・面接・書類で選考

対策としては、何よりも海外の在籍校での学習や課外活動に力を注ぎ、充実した学校生活を送ることが第一です。

こうした選考では、現地での成績や活動の記録も重要な選考基準となるので、できるだけ良い評価を得ておく必要があります。

また、作文や面接では、異文化での暮らしぶりや、地域とのかかわり方など、学科試験では知ることのできない意欲や知的好奇心の旺盛さを、じっくりと見られることも知っておきたいです。そのほか、作文や面接の対策としては、試験で使用する言語自体の勉強、文章作成の練習、これまでの滞在・教育歴を振り返って意見をまとめておくことなどが有効だろう。

作文テーマ例

  • あなたが考える「国際人」とはどのような人ですか。
  • あなたが考える「未来に残したいもの」は何ですか。

面接での質問例

  • 自分の性格(長所・短所は何か)
  • 海外生活で自分が変わったことについての具体例
  • 高校生活の抱負
  • 将来の進路(夢)
  • 中学3年間の思い出
  • 異文化との接し方
  • 現地校(通っていた学校)の紹介
  • 海外から見た日本
  • 本校の印象
  • 関心のあるニュース(出来事)
  • 最近読んだ本(日本語・英語どちらでも可)
  • 尊敬する人物
  • 家族構成について
  • 本校までの通学経路

英語力を重視して選考

まず、要求される英語力はかなり高いものだと心得ておきたい。難解な長文読解が出題されることも珍しくなく、学校や選考方法によっては、英検準一級、TOEIC®800点程度を試験問題の基準としている場合もあります。

ここで気をつけたいのは、英語圏の現地校やインターナショナルスクールに通っていても、いざ“日本式”の試験に挑むと点が取れないケースが案外多いということです。

原因としては、こうした学校のESLでは、日本の英語の授業で教えられているような「文法事項」を習得しにくいためと考えられています。

そこで、対策としては、日本の文部科学省が認可する中学校の教科書や、それに準じた参考書で、日本の中学校で教えられている内容を総復習しておくと良いでしょう。また、日本の英語問題の出題形式に馴れておくことも重要です。

帰国生専用問題で選考

求められるのは、日本の学齢での標準的な学力。問題のレベルは、日本の文部科学省認可の教科書内での基礎的な部分にとどめられることが多いです。

そのため、極端に難しい受験用の問題集と格闘する必要はない。学齢に合った参考書や問題集を入手して、基礎問題を多くこなすことが得策になってくるでしょう。

一般と同じ問題で選考

帰国生に対し、選考段階で多少の配慮はしてくれるものの、日本国内のいわゆる難関校を受験する子どもたちと同等の学力を求められることが多いです。

そのため、海外にある進学塾に通ったり、通信教育を駆使するなどしながら、日本国内でその学校を志望している受験生と変わらない勉強をする必要があります。

帰国生&保護者の声

父親

高校は日本で、と最初から決めていましたが、息子がインターの九年生を卒業できるのは、日本の学校に通う子の半年遅れ。
受験予定の高校は中学卒業資格が条件だったので焦りました。全日制日本人高校は通える範囲にないので、二学期はじめに母子のみで急遽帰国。地元の公立中に編入して、卒業(見込み)資格を得て、帰国生入試で合格しました。短い間にさまざまな決定をし、帰国、受験と息子はあわただしかったと思うがよくやってくれました。

(ドイツ・インターナショナルスクール→日本・公立中学校→私立・男子校)

帰国生

現地から受験の時だけ里帰りして、最終的には女子校の高等部に合格しました。入学前ぎりぎりまで海外にいられるのは嬉しかったけど、友達はいろいろ調べまくって大学まで進学できる超有名校に帰国生自己推薦という方法で合格していました。
前もって書類を出して、受験資格の認定をしてもらうとか、相当情報を集めて準備していたみたい。正直、やられた〜と思いました。
まあ、私はこの学校で楽しくやって、大学受験でまた頑張っていこうと思います。

(アメリカ・現地校→私立・女子校)

母親

日本の学校への提出書類をそろえるのが、こんなに大変だと思ってももなくて…。英語の書類に全部和訳をつける学校もあって、英語が得意じゃない私は大苦戦。成績表の翻訳専門業者もあるようだけれど、帰国が決まってから出願までぎりぎりでそんなことしている時間もなく、家族捻出で衰ずに頑張るしかありませんでした。表彰状や検定のコピーを提出した方が有利な学校もあって、引越し前のごたごたの中、書類探しもひと苦労。日ごろからまとめておけばよかったと反省です。

(シンガポール・インターナショナルスクール→公立校・国際科)

帰国生

学校は、自分で一回みておくべきだと思います。初めて行った学校のうち半分が、「これはないな」と思うこともあったので。かと思うと先生とか、在校生とかに会って、印象が良くなる学校もありました。僕の場合、何より自分が向こうで一生懸命やっていたサッカーを続けられるかが重要課題だったから、ここは親に任せず、チェックしておいてよかったです。一応今は、自分の目に狂いはなかったと思っています。

(イギリス・全日制日本人学校→私立・共学校)

Copyright © 2008 - 2018 帰国便利帳 All Rights Reserved.